FC2ブログ
 

‘新米ママ’パピコとコパピコの日常~ママになっちゃいました編~

産科探し・・

ここのところ、ニュースでも妊婦のたらい回し問題等「産婦人科不足」が多数とりあげられているのを見かけます。
実際、自分が「妊婦」になってみると余計に切実な問題だと痛感します。

これも現代の少子化が進む中、大きな問題のひとつではないでしょうか。
もっと産みやすい・育てやすい環境を作っていかないと今後ますます産む人が少なくなってくるでしょう・・・。

私の産科探しですが、月曜に主治医に相談する前にとりあえず自分でも動いておこうと思って通院できる範囲内でネットで病院探しをしてみました。
総合病院は「産婦人科」があっても膠原病を診てくれる内科医がいるかどうかは聞いてみないとわかりません。。

探してみると、個人病院でうちから歩いて10分くらいのところにわりと大きめで評判も良いらしいレディースクリニックがありました。
というか、うちの市はその産婦人科が1件(分娩なし)しかないみたい。
分娩は皆さんよそのちょっと大きい市の病院に入院して対応してるとか。

なので、早速電話をかけて聞いてみました。
こうこうこういう理由で診察をして下さる産科を探しているのですけど・・と。
年配の看護師さんが応対してくれたんですが、非常ーーーに親身になって話しを聞いてくれて壁 |дT)o
「それは困ったわねぇ。お里はどこなの?まぁ遠いわね!そうねぇ。どうしたらいいかしら。うちでも診てあげられるけれど、‘もし何かあった場合’の対応は何もできないのよねぇ。4~5年前までは入院も分娩もやってて365日24時間体制でローソンみたいに(←ホントにそう言った・笑)ずっと開けてた時ならよかったんでしょうけど、今は診察やら婦人科の病気しか診ていないのよ。どこどこの市だったら○○先生のところや○○クリニック、そうね、○○病院も診て下さるかと思うんだけど。」
結構長いこと寄り添って親身になって話を聞いて下さって、やっぱりまず内科の先生に相談してみてどうしても診てくれるところが見つからなかったらまた連絡して下さいね、と優しく言って下さいました。

私は一生懸命話しながら、嬉しさからつい涙声に・・・
最初の総合病院の看護師さんとはえらい違い!
電話越しだけど、きっと気さくで明るいいい看護師さんなんだろうなとすぐにわかりました。
私も頑張るぞ!絶対無事に産んでやる!と
少しずつ明るい気持ちが芽生えてきました。
希望を持たなきゃね!!


そして、今日は図書館に行って「初めての出産・妊娠大百科」など出産に関する本を借りてきました^^
勉強もしとかなくっちゃ!!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック